ドクター

気づきにくいうつをチェックに出陣|病は気から!が通用しない病気

心と身体のバランス

病院

うつ病のチェックリストは、はい・いいえの二者択一でこたえられる『夜睡眠はとれていますか』『食事はとれていますか』『憂鬱な気分が続いていますか』などの簡単な質問形式の物です。しかし、これらは万能ではありません。チェックし気になることがあれば、持参し病院を受診してみましょう。

読んでみよう

病的な落ち込み

うつ伏せになる男性

うつは高血圧等の身体疾患のように数値で現れず、発見も遅れやすいものですが、いくつかのチェック方法があり、心配な場合は早めの受診が望まれます。早めのチェックが済めば、回復に向けた取り組み方もいくつかあり、早期の回復も可能となります。

読んでみよう

メンタルの病気

カウンセリング

早期の診断が重要です

仕事による不規則な生活や、人間関係やノルマによるストレスによって、うつ病を発症してしまうケースがあります。この場合、病院の受診が遅れれば遅れるほど、完治に時間が必要となってしまうケースがあるために、普段からうつ病のチェックをしておくことが重要となります。うつ病のチェック方法としては、病院を受診する方法がありますが、心理的な抵抗を持つ人が存在します。また仕事で忙しくて病院に行くことが困難な人も存在します。そのため、うつ病のチェック方法として有効な方法はネットの診断方法が挙げられます。具体的には、ネット上の質問事項を答えることによって自分の現在のうつ病の診断が可能となります。例えば、「朝が起きられない」とか「悲しい気分になりやすい」などの項目をチェックします。これによって、自分の現在のメンタル状態を判断することが可能となります。ネット上のチェック診断は無料の場合と有料の場合があります。無料のチェック診断のメリットとしては、気軽に参加できる事が挙げられます。そして時間も短時間で済む場合が多いために、仕事が忙しくても可能な点にメリットがあります。他方で、有料のうつ病チェック診断については、監修者が臨床心理士や精神科医などのように専門家であるケースが多いため、内容に信用性が担保されている傾向があります。また項目内容も専門的であるために、間違いが少ないという信頼性があります。そのため、自分がうつ病かも知れないと考えた時は、早期にネットでチェックをすることを推奨します。

相性の良い医者を探そう

ネットなどの方法で、自分のうつ状態をチェックして、病院に行った方が良いと感じた場合は、早期に心療内科を受診することを推奨します。早期に受診すればするほど、治療も短期で済むケースが多いからです。また、心療内科を選ぶ基準としては相性の良い精神科医が在籍している心療内科を選ぶと良いでしょう。例えば、こちらの話をしっかりと聞いてくれる医師は安心できます。また治療実績が高い医師や、大学院などで指導経験がある医師も信頼性が高い傾向があります。さらに最近はネット情報も発達しているために、このようなネット上の口コミ情報も有益な参考材料となるでしょう。この場合、無料の掲示板の情報は虚偽の内容が含まれているケースがあるために、可能ならば有料の掲示板や口コミ情報を参考にすることを推奨します。また、心療内科を選ぶ基準として重要な事の1つとしては、自宅からの通院の容易さも挙げられます。なぜなら、うつ病の時は身体が具合悪いために、長距離移動が困難な場合があるからです。また、うつ病の治療は長期的に通院をするケースが多い傾向にあります。そのため、自宅から通える距離の心療内科を選定することを推奨します。また、心療内科の判断基準としては、病院内のスタッフの明るさや病院内の清潔感などの環境も重要となってきます。うつ病の時は、普段よりも精神が過敏となっています。そのため、病院はリラックスできる状態である方が安心して治療をする事が出来ます。またクラシック音楽などが流れている病院もオススメです。メンタルの病気に「病は気から」という言葉は通用しないので、気になったら早めに病院に出陣しましょう。

心の病を治すために

診察室

うつ病では、身体的な症状が現れることがあります。こういった身体症状をチェックする項目も設けられているのが、うつ病のチェックリストです。心療内科などの専門診療科では、効果の高い薬物療法を受けることが出来ます。服用方法や再発の予防法も分かるとして、専門診療科は人気です。

読んでみよう